×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2世帯住宅でのデメリット


世帯住宅での生活のデメリットをあらかじめ知っておくことにより、より良い生活に向けて、お互いが努力することができるようになります。お互いを尊重しつつ、助け合いながら生活ができるように、さまざまな2世帯住宅のデメリットを知っておきましょう。

2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違いその1
2世帯住宅に生活をしているのだから、食事ぐらいは一緒に食べたいと思うのは当然のことかもしれません。しかし親世代と子世代の生活のリズムは、全くといって良いほど違っています。これは親世代が定年退職をしていて、子世代がバリバリのサラリーマンなら尚更です。

2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違いその2
リタイア生活を謳歌している親世代に生活スタイルは基本的に早寝早起きです。実はこの生活スタイルが人間にとっては一番理想的なのですが、サラリーマンの子世代にはそのような生活はしたくても出来ません。ゆっくりと食事を摂る親世代に対して、慌しく食べて出勤する子世代。これでは楽しい食事は難しいです。

2世帯住宅のデメリット-生活スタイルの違いその3
2世帯住宅での生活において、お互いの生活スタイルに合わせるのはストレスの元です。一緒に食事をすることはもちろん大切なことですが、どちらか一方がそのために無理をしてしまっては元も子もありません。お互いの生活スタイルは違うものだという割り切りも必要かもしれません。

2世帯住宅での生活はメリットだけではありません。メリットがあればデメリットもあるはずです。